資格の値 − 整備系の資格


自動車検査員



資格試験の受験料

教習実施機関によって異なる

受験資格

指定整備工場は、一般に民間車検場とも呼ばれ、国が行う検査の一部を代行し
ている。指定整備工場の指定を受けるには、施設、工員、自動車整備士および
自動車検査員の選任など、一定の基準を満たしていなければならない
自動車検査員は、その指定整備工場の検査部門の責任者であり、整備完了車に
ついて道路運送車両法の保安基準にもとづいて検査し適合している場合、保安
基準適合証にその旨証明を行い、指定整備記録簿の記載、処理等重要な業務を
行う
検査員の社内での地位は、このような重責を負うことから、給与面でも一般の
工員よりはるかによく、その使命と社会的地位は高い

申込期間

教習実施機関によって異なる

申込期間

受講申請書(2部)と写真を提出する。その際、整備主任者として1年以上実務
経験のあることを証明する書面(整備士手帳または整備主任届出書)を持参し、
窓口で確認を受ける

試験日

不定期

問い合せ先

各地方運輸局自動車技術安全部整備課または各地方運輸局運輸支局整備課 関東地区の場合:関東運輸局自動車技術安全部整備課 〒231−8433神奈川県横浜市中区北仲通5−57横浜第二合同庁舎
TEL:045(211)7254


資格の概要




   

資格の科目


国の検査業務を行う自動車検査官と同等の知識と技能が要求され、次のいずれ
かに該当する者でなければならない
@整備主任者として1年以上の実務経験があり、地方運輸局長が行う自動車の検
査に必要な知識と技能についての教習を修了した者
A自動車検査官の経験がある者
B軽自動車検査協会で軽自動車検査員の経験がある者
なお、整備主任者として適切に業務を行っていなかったものは自動車検査員と
なることはできない
※自動車検査員教習は地方運輸局長の指定する機関が行う。詳細は各地方運輸
局整備部整備課に問い合わせること

資格の取得法





整備系の資格ランキング

2位 自動車の整備管理者
3位 自動車検査員
4位 自動車運転者
5位 中古自動車査定士
6位 自転車安全整備士
7位 自転車技士
8位 運行管理者
9位 定期運送用操縦士(飛行機・回転翼)
10位 事業用操縦士(飛行機・回転翼)
11位 事業用操縦士(滑空機・飛行船)
12位 自家用操縦士(飛行機・回転翼)
13位 自家用操縦士(滑空機・飛行船)
14位 航空機関士
15位 航空整備士/航空運航整備士
16位 航空工場整備士
17位 航空工場検査員
18位 運航管理者
19位 航空管制官
20位 海技士(航海)
21位 海技士(機関)
22位 海技士(通信・電子通信)
23位 内燃機関海技士(機関)
24位 船橋当直3級海技士(航海)
25位 機関当直3級海技士(機関)
26位 小型船舶操縦士
27位 潜水士
28位 船内荷役作業主任者
29位 水先人
30位 船舶に乗り組む衛生管理者
31位 救命艇手


その他の資格
法務系の資格
財務系の資格
語学系の資格
IT系の資格
医療系の資格
福祉系の資格
環境系の資格
生活系の資格
事務系の資格
工業系の資格
安全管理系の資格
公務系の資格
教育系の資格
教養系の資格
建築系の資格
整備系の資格
調理系の資格
電気系の資格

inserted by FC2 system